ファイナンシャルプランナーとは顧客に寄り添ってライフプランニングを提案する

ファイナンスには、金融や財務、財政といった意味があります。

ファイナンシャルプランナーとは、それらの計画を個人に向けて提供する役割を指します。ファイナンシャルプランナーは、顧客の借り入れや家族構成、資産に応じて顧客の夢や目標に寄り添ったプランを立てます。

ファイナンシャルプランナーには、子どもの教育資金や住宅ローン、老後のお金の管理など一生を通した相談ができます。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、金融業界の就職が有利になります。資格保有者のおよそ8割は、銀行や生命保険会社、損害保険会社、不動産会社など企業に勤めています。企業系ファイナンシャルプランナーは、自社の保険や金融商品を販売することで報酬をもらい、コンサルタントとして働く場合、年収は平均して500~800万円になります。

一方で個人や複数のファイナンシャルプランナーが共同で事務所を設立する独立したタイプもあります。特定の企業に所属しておらず、金融商品などの提案の際には中立の立場になってアドバイスします。独立系ファイナンシャルプランナーの収入源は、相談料や仲介手数料です。

1件につき仲介手数料は4~5万円が相場です。

ダブルライセンスなどを視野に入れて、コンサルタントとして親身な対応を心がけることが大切です。特に独立系だと、一度契約した顧客と数十年の付き合いが続きます。

長い人生の中で様々なライフイベントが起こるので、保険の見直しといった相談が増えます。現代の日本社会では少子高齢化や雇用問題など、お金に関する不安を常に強いられています。

その上お金の管理は自己責任とみなされるので、ファイナンシャルプランナーが生涯におけるライフプランニングをサポートする必要性が高まっています。