ファイナンシャルプランナーの難易度について

ファイナンシャルプランナーは、税金や保険、年金など金融関係に幅広い知識を持ち、相談者のライフプランに合わせて金融商品の提案を行ってくれる金融関係のプロフェッショナルです。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、銀行や保険、証券などの金融機関だけでなく、不動産業界でも業務上、知識が役立つことが多く、顧客から大きな信頼を得ることができます。
また、このような業界に転職を希望するときは、ファイナンシャルプランナーの資格があると転職活動を有利に勧めることができます。

ファイナンシャルプランナーの資格は難易度が高い試験なのでしょうか。
この資格には、3級と2級があります。
3級は、基本的な問題が多く、学科試験の合格率は50%〜70%と言われており、難易度はそれほど高くはありません。
ファイナンシャルプランナーの資格は、仕事だけでなく実生活でも役に立つ知識を学ぶので、受験者には主婦や学生も多いと言われています。

2級になると学科と実技試験があります。
2級試験は、実務に直結している問題も多いので、3級に比べると難易度が上がります。
しかし、合格率は35%程度と言われているので、何年もかけて勉強してようやく取得できる、というほど難しい試験ではありません。
最近は、通信講座も多く出ているので、積極的に利用をすると、1回の受験で合格を目指すことも可能です。
ファイナンシャルプランナーは、比較的合格を目指しやすい国家試験なので、気になる方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フォローする