ファイナンシャルプランナーの仕事と年収とは

ファイナンシャルプランナーは、個人の場合には収支や負債、家族構成、資産状況などの情報の提供を受けて、それらをもとに住居や教育、老後などの将来の計画を立てるプランニングを行うものです。

また企業などの場合には、会社の収支や組織などの情報をもとに将来の計画を立てることになりますが、企業の場合には公認会計士などがその役割を担っています。

基本的には会計士などの仕事ですが、会計士が単なる数字の管理を行うだけなのに対して、ファイナンシャルプランナーは算出した数字をもとに将来のアドバイスを行うことを仕事としています。

ファイナンシャルプランナーになるためには、いくつかの資格がありその代表的なものがファイナンシャルプランニング技能検定です。

ファイナンシャルプランニング技能検定では1級から3級までありますが、職場で活かせるのは2級以上です。
また民間資格もいくつか存在しています。

ファイナンシャルプランナーの年収は、200万円程度から1000万円をこえる場合もあります。

年収に幅が大きい理由としては、その雇用形態に大きく影響します。
一般には会社に所属している場合には年収は一般的な社員の域に留まるため、高収入は期待できません。
一方で独立した場合でも上手く顧客を獲得できれば、年収も1000万円をこえることも可能です。

なお、ファイナンシャルプランナーを必要とする職場としては会計事務所、金融機関、不動産会社などがあります。
これらの職場では業務として顧客のプランナーを行うことになります。