ファイナンシャルプランナーとしての就職先

ファイナンシャルプランナーという資格は就職先を探すのにすごく便利です。

何故なら、その資格は金融や不動産関係の会社に勤めるのに大変便利ですから。

どれだけ便利かというと、就職後の仕事として金融関係で、保険教育資金、住宅ローン、預金運用、相続税や確定申告、納税資金など有ります。

不動産関連で不動産の有効活用、保険で国民年金や厚生年金や生命保険や損害保険など、ファイナンシャルプランナーとして取り扱うものが多いです。

それで、ファイナンシャルプランナーとして就職する人は、銀行や証券などの金融機関が多いです。
次に保険関係が多くなります。

銀行や証券は顧客に販売する商品が多様で専門知識が必要になってきますから、ファイナンシャルプランナーの資格を持っている人は、専門知識が豊富だということで優遇されて就職に有利になります。

保険会社は保険の事しか扱いませんから銀行や証券ほど必要とはされていないです。

不動産は相続関連が有りますから、それなりに需要が有ります。

最後に就職先とは言えませんが、独立して事務所を構える人もいます。

さすがに最初から事務所を構えての営業は無理ですが、会社に就職して、ある程度の実績を積んで顧客を確保出来れば独立も夢じゃないです。

ただ、ファイナンシャルプランナーも数多く居ますから、独立してもやっていけるとは限らず、ここは無難に金融機関に就職をして、独立の事は考えずに安定的な人生を送る方がよろしいと思います。