ファイナンシャルプランナーの各級における合格率について

ファイナンシャルプランナーの合格率は、級によって違ってきます。

最も優しい3級の合格率は、学科試験で70%前後実技試験で60%前後となっています。
受験者数が5万人前後と非常に多く、社会人、学生、主婦など幅広い層の人々が受験しています。
参考書や過去問題をしっかり勉強しておけば、それほど難しくありません。

ファイナンシャルプランナー2級の合格率は、学科試験、実技試験共に30%前後となっています。
受験者数鵜は3万人前後となっています。3級と比べると受験者数及び合格率は下がりますが、それでもきちんと勉強していけば独学でも合格することが不可能というわけではありません。

ファイナンシャルプランナー1級になると、受験者数5千人前後となり学科試験の合格率は10%前後と難易度が上がります。
ファイナンシャルプランナーとしての豊富な経験と知識が必要になり、専門のスクールに通う人も少なくありません。

ファイナンシャルプランナーの試験に合格するには、6割以上の得点をとると合格することができます。
また、試験の出題内容は、他の国家試験でよく見られる受験者を惑わすようなひっかけ問題はほとんどありません。
したがって、基本をしっかり繰り返し勉強していくことが大切です。

勉強方法は参考書や過去問題集を使って独学することも可能ですが、ファイナンシャルプランナーの通信講座や専門学校に通って勉強することもでき、合格率も高くなるようです。